2020年度4月入社の新入社員の皆さんは、新型コロナウイルスの影響で卒業式も入社式も通常通りできなかった方も多いはずです。今年度は、新入社員研修にも大きな影響が出ました。
例年担当している企業の中には、Web研修を検討された企業もありましたが、新入社員ということもあり、諸々検討の結果、やむなく中止や延期にされる企業が多くなりました。
その中でも、今年度は2社の新入社員研修を担当しました。

先月になりますが、緊急事態宣言が出される前でしたので、日数削減、受講者を少数クラスに分ける、時間短縮、受講者の検温、一人ずつ離れた配席、換気と休憩はこまめにとるなど、最大限の配慮と試行錯誤をされての実施となりました。3密対策のため、通常行っているディスカッション、グループワーク、研修ゲーム体験、ロールプレイング実習が全く出来ず、研修内容は、講義、個人ワーク、質疑応答中心の進行にしました。研修効果としては、社会人としての意識の切り替えはできたとしても、やはり、例年の研修と比較すると十分とは言えませんでした。話題になりつつあるWeb研修ですが、研修内容によっては、効果が期待できるものもありますが、特に新入社員研修では、改めて、集合研修の意義、受講者同士の相互啓発、体験学習による研修効果の大きさと大切さを再確認しました。今年度の新入社員の受講者の皆さんには、申し訳ないと思っております。

これは、研修の中でもお伝えしていることですが、世界が新型コロナウイルスの影響を受け、東京オリンピックが延期された記憶に残る年に、新社会としてスタートした今の気持ちを忘れないで大切にして欲しいと思います。数年後、2020年は、報道等で話題になる年になるはずですので、その度に、新社会人の今の気持ちを思い出して、その時々でその時の自己を検証して欲しいです。

20205月 shiba