今年度の新入社員関係では、昨日の新入社員OJT担当者の研修で終わりました。新卒新入社員を受け入れる側の研修ですが、この企業の担当をさせていただいて今年で9年目になりました。
他の企業でもよくありますが、新入社員と先輩社員との考え方や価値観の違いなどの世代間ギャップが話題になります。

「新人のおどろき・先輩のおどろき」のランキング(日本経済新聞社調べ)があります。
20代504名、30~50代504名の2018年の調査データ(男女ほぼ同数)ですが、「新社会人になって驚いたこと」、「新社会人を向かえて驚いたこと」をリストアップされています。
その中で上位5位を見ると、
<新入社員の驚き>
第1位:発言や休暇は空気を読んでから
第2位:仕事のマニュアルや説明がなかった
第3位:台風・大雪でも出勤する
第4位:あまり飲みに誘われない
第5位:仕事をだらだらやる

<先輩社員の驚き>
第1位:友達感覚で話しかけてくる
第2位:プレゼンなど人前で話すのが上手
第3位:プライベートを優先する
第4位:周りと競わない
第5位:手取り足取り教える必要がある
という結果になっています。

皆さんも、色々と思うところがあるのではないでしょうか。
決めつけたらいけませんが、今どきの新入社員の世情が一部表されているのではないでしょうか。
ただし、世代間ギャップはいつの時代でも不変であると言われます。私達にも新入社員時代があり、その時代々で当時は先輩社員から、「今年の新入社員は…?」と思われていたのではないでしょうか。(笑)

<2018年5月 shiba>