【VOZ.80】計画の立て方④ ~調整・修正しながらDOする~

計画を立てたらDO→CHECK→ACITONというサイクルになるわけですが、DOでも計画段階で意識しておきたいポイントがあります。
それは、計画(PLAN)に基づいて実行(DO)することが基本となりますが、DOの段階でも調整・修正しながらDOをするということです。実際に目標達成・成果のためには、色々な問題や障害は次から次へと発生するものです。ヒト・モノ・カネ・情報を始めとする様々な資源や条件・事象について発生ベースで調整をしたり、修正をしながら仕事を進めることになります。この発生ベースというのがポイントであり、できることなら事前に予測できたり、起きた事象に対して時間差なく直ちに余裕をもって対応をしたいものです。
では、どうすればいいのか?そのためには、計画段階でDOで想定される調整・修正内容を計画しておくことです。
それでも、問題や課題はつきものなので、CHECKの前に常に調整・修正しながらDOすることです。手放しでDOしないということでしょうか。

<2016年11月 shiba>