【VOZ.71】計画の立て方① ~「5W3H」+If~

仕事は、「段取り八部」といわれる通り、計画が目標達成のカギを握っているのは言うまでもありません。PDCAサイクルを効果的・効率的に回すためにも、まずは「P(PLAN)」が重要となります。

そこで、計画はどのように立てていますか?
計画の立て方の基本となる考え方では、よく「5W2H」と言われて来ました。
また、最近では「5W3H」とも言われます。

「5W3H」とは、
What 「何が、何を」 (目標・方針を確認する)
Why 「なぜ、何のために」 (何のために、なぜ行うのか理由を明確にする)
Who 「誰が、誰に、誰と」 (誰が、誰に対して、誰と行うのか、人員を考える)
When 「いつから、いつまで」 (いつからいつまでに完了するのかを考える)
Where 「どこで、どこを、どこが」 (どの場所で行うのか、どこが最適かを考える)
How to 「どのように、手段、方法」 (目標を達成するための手段を複数案考える)
How many 「どのくらい、数、量」 (どのくらいの量がかかるかを予測する)
How much 「どのくらいの費用で」 (どのくらいの費用がかかるか試算する)
です。
この「5W3H」に落とし込むことが計画の基本になります。

そして、これからはこの「5W3H」の他に更に「If」もプラスしましょう。
If 「もしも~が起こったらどうするのか」 (もしものリスクを想定し、もしもに備えた対策を用意する)

仕事を効果的・効率的・安定的に進める上でも、この「If」の“リスクヘッジ”が必要ですよね。
計画を立てる時には、「5W3H+If」をキーワードにしましょう!

<2014年10月 shiba>