【VOZ. 41】研修慣れしていない方がいい?

はじめて研修を担当する企業の担当者の方との事前打合せの時のことです。
担当者の方は、「うちでは、これまで社内で研修をしたことがないから、受講者が研修に慣れていません・・・」とのこと。続いて、「だから、先生に迷惑をかけるかも知れません・・・」と、心配そうでした。
その企業は、これまで社内研修を実施したことがなく、今回、私が担当する研修が初めてになります。
ご担当者としての心配はよくわかりますが、このような時は、いつも即答です。
「大丈夫です。全く問題ありません!」
今までも、時々、他の企業でもこのようなやりとりがありました。

研修に慣れていなくても、全く問題はないと思います。慣れていないから講師に迷惑をかけるというのも本来はおかしな話しです。企業内研修は、あくまでも受講者のために実施するものであり、講師のためではありません。むしろ、これまでの経験上、研修に慣れてしまっている方が「問題あり」の場合が多いです。
受講者が研修に慣れ過ぎてしまっていると、講師としては確かにやり易い面もありますが、一言で言うと「研修のために研修をやっている」ような感覚に陥ります。研修の進行もスムーズで期待された通りの答えが返って来たりするのですが、はたして実際の職場に適用できるのかどうか疑問です。実務とは離れた、あくまでもそれは研修の場での答えでは? と感じてしまうこともよくあります。

当然のことですが、研修慣れしていないと受講者の実務での実体験や実際の場面に照らし合わせて素直にしかもストレートに考えていただけます。あくまでも、実務で実践していただけてはじめて研修効果があると考えています。研修慣れしていなくても、大丈夫です。心配は必要ありません。

そもそも講師としては、研修慣れしている「ベテランの受講者」を相手にしても、研修慣れしていない「初心者の受講者」相手でも、効果をしっかりと出すのが講師としての腕のみせどころなのです・・・。

研修講師として10数年が経過しました。講師側の研修慣れも危険です。
まだまだ研鑽が必要です・・・。

<2011年2月 shiba>
※HPサイトを少しリニューアルしました。