【VOZ. 35】公開セミナー実施 ~わかりやすく伝えるための3点セット~

パートナー会社との共同で公開セミナーを実施しました。
テーマは「ロジカルコミュニケーション」。相手に自分の伝えたいことを「わかりやすく伝える」手法を学んでいただく内容です。

ここ数年、私が担当した「ロジカルコミュニケーション」をテーマとした研修が多く、これまでに千名を超える方に受講していただいています。わかりやすく伝えるための基本を学び、頭で理解するだけでなく、実際に出来るかどうかケーススタディや実習を通して全員に体験していただき、VTR収録、再生、受講者相互のアドバイス、講師から一人ひとりにフィードバックをするという内容です。今以上にわかりやすく伝えるためのヒントを自ら発見していただくものです。報告、説得、提案などの様々なビジネスシーンに合わせたケースのDVD教材もオリジナルで作成しています。

参加された皆さんは、やはり社外・社内をとわず、様々なビジネスシーンで様々な相手に「わかりやすく伝える」ことには関心が高いのだと感じました。

そこで、研修の中でもお伝えしている内容の一部ですが、
わかりやすく伝えるための基本となる重要ポイントは3つです。

ポイント1 : 「話の内容」(わかりやすく伝えるために伝えたい内容を事前に整理すること)
ポイント2 : 「話の構成」(わかりやすく伝えるために目的に応じた話の組立をすること)
ポイント3 : 「話の仕方」(わかりやすく伝えるために相手に合わせた話し方をすること)

いくら話す内容を念入りに準備したとしても、話の構成や話し方が悪いとわかりやすくは伝わりません。
どんなに話の仕方が上手でも、話の内容が整理できていないとわかりやすくは伝わらないものです。

相手にわかりやすく伝えるためには、「話の内容」「話の構成」「話の仕方」が3点セットです。
この3点セットをマスターできれば、あとは様々なシーンでの構成に合わせて応用することが可能です。

また、わかりやすく伝えるためには大前提があります。それは、話す前に何を話すのかという「内容」ばかりに注視しないで、なぜ話すのかという「目的」を意識することです。
「目的」=「相手に期待する反応」が基本です。

<2010年8月 shiba>